ほびっと村学校 2016-2017  

  いのち喜ぶ  フラ・クラス
Ka 'Olu no Hula






いのち喜ぶ フラ・クラス
Ka 'Olu no Hula

12月15日、2017年1月19日
(第3木曜)6:30~8:30pm

講師/Kahealani
料金/3000円(1回)★要予約
申し込み/042-666-2126(t/f) 塚原 薫まで
(留守録にメッセージを残す際には、連絡先もお残し下さい)

もちもの/タオル・水分補給の飲み物・Tシャツ・スパッツとパレオまたはパウスカート(フラ練習用のギャザースカート)など動きやすい服装で

 Kaulana Kawaihaeという曲が今年度の課題。前半の古典スタイルを終えて、モダンスタイルに取り組んでいます。このお話しの原曲は、ハワイ島の小さな島が地殻変動で沈んでしまったという実話をもとに作られています。数年前、同じような伝説を持つ日本のある海岸でインスピレーションを得て古典スタイルに仕立てました。私たちの住まう星の地面の下で、大きな動きを感じるこの頃、この曲を大事に踊りながら、ハワイに伝えられている伝承の形やそのうちに隠された精神性を探索したいと思います。 







Kahealani(カヘアラニ)
 大統領が決まった朝、リニアは白紙撤回と判断が出て信じられない面持ちで説明会に出ている、という夢で目覚めた。これまで誰もが知っていながら手をつけることのできなかった社会の慣行が覆され真実に基づくようになる。その第一歩の案件らしい。夜が明ける前闇は深くなる、そう信じたい。



































 
 



  「hulaに関わるとき、すべての瞬間が儀式である」という感触は古典hulaを学び始めて、すべてのことに理由があって、すべてにoli=チャントが伴うことを教わった時に感じたことでした。仕事と通勤で疲れたからだで参加していただくときにも、hulaの時間は肩から力を抜いてからだを緩ませ、でも大切な想いで歌と踊りを味わってもらえたら嬉しいです♪ そこに和やかで清々しい空気を準備できたらいいなぁ。













 薄いソールと革ひもの手づくりサンダル・ワラーチで歩いたり走ったりを始めてから、
自分のからだをより感じやすくなった。
古傷だらけの脚を保護するソールの厚い機能スニーカーやサポーターよりも素早く、
自分の軸や重心のおとしどころを「からだ自身」が探しあててくれる。
からだって頭(?)いいのね!
----------------------
1枚目の写真: ボロボロになるまで履いた記念すべき1号作品
2枚目の写真: つい先日製作した2号と 自分の足の型紙















    




(写真はKahealaniさんのフラの足跡)




































        





 


home / class guide / calendar / nawa prasad