ほびっと村学校 2017ほびっと村学校 2017



オンナとオトコの
異星間コミュニケーションの夕べ



7月15日(土)6:00〜8:00pm

ファシリテーター/高橋実

参加費/3000円 ★要予約 tel 03-3332-1187 または hobbit@ea.mbn.or.jp

 遠く離れている時はハートの中に棲み、目の前に居るとなると彼方に棲む。付き合うほどに逆行する男女の想い。不思議な引力と斥力をもって互いに定位置を探る。男女のそれは特定の人でなくても人生の彩りとなるはずなのだが、近年は雲行きを見てばかり。雲は変幻しながら星と星の間を流れ、ときには星々を包む。
 その昔、女も男も同じ人間だと言われて育った。けれども、社会的権利において平等であるということと人として同じであるということを私は混同していたように思う。そして、もっと前は女は男より下等であるかのような扱いを受けていた。どうして人間は同じ以外は上か下かに分けたがるのだろう。どうして違うということに優しくなれないのだろう。人は違いを善いか悪いかに決めたがる。あれ?上とか下や善い悪いこそ社会的思考だ。私の内部には初めから社会(正義と言ってもよい)があるではないか。それでも熱に浮かされた時は私の内部から社会は一旦消える。熱病から覚めると自身の正義が他者と自らを苛み始める。一方で、内的社会の拡がりを食い止めて自然の流れを解放しようとする衝動もある。その衝動に出会ったとき、人は女も男も別の星から来た生物だとわかる。近しい関係は互いの生態観察の報告を義務付けられている。私たちはその報告義務を教えられてこなかった。
 ということで、簡単なワークを混ぜながら女と男の七転八倒劇を読み解いていこうと思っています。






高橋実(たかはしみのる)
 治療家・セラピスト・舞踏家、東洋医学・トランスパーソナル心理学を習得。ホロトロピックブレスワークをアレンジした独自の呼吸法をもとにワークショップを手掛ける。著書『自分探しの呼吸法』HP http://karadahouse-satowa.com/??三鷹にて治療院からだはうすを経営。

home / class guide / calendar / nawa prasad