ほびっと村学校 2018 

 トウタが使用する三味線は、伝統に依拠した太棹だ。それは浄瑠璃に依拠した音楽でありながら、トウタは即興で音を探り、歌をつくる。トウタの音楽性は、それゆえジャズであり、ブルースなのだ。(文責:JUN爺)




今井田歌(いまいとうた)
三味線音楽ライブ


+風月純史
(フーゲツのJUN)
ポエトリー・リーディング




3月3日(土)7:00〜8:30pm


木戸銭/2000円 ☆予約不要 
お問い合わせhobbit@ea.mbn.or.jp または tel 03-3332-1187

<とうたさんの弁>
 伝統音楽に大いに魅力を感じ(私の場合それは京地歌でしたが)、早い時期から今現在の三味線音楽を考えていたようです。そのために各地に残された古謡をたずね、ゴゼウタのようほぼ絶滅していた音楽をほりおこして、自作の曲に取り込む作業が続き、今も継続しているようです。山椒太夫(ゴゼ語り)、越後追分、自作曲(青いくに、旅のうた、川、花祭り他)などを唄う予定です。
 




今井田歌(いまいとうた)
 1948年 兵庫県 相生市にうまれる。1970年 カナダに移民、彼の地で三味線音楽に出会い帰国。京都で三味線修行。1978年 演奏活動開始。自作曲を演奏し国内外を巡演する。2005年オリジナル曲集CD.青い国、
2015年CD SAKURA発表。現在 高知県 本山町に在住。

<フーゲツのJUNより>

玲瓏の空に 玻璃の風が 吹く
発せられた 言の葉は 事象を 揺り動かす
 いや 何も動いてはいない 動くのは 心だけだ
動かぬものが 銀河とともに 回転し
 動くものは 銀河運動の中で コズミックダンスする!
 色 即 是 空  空 即 是 色 !
そうであるのに 物語は 時間に 沿って 展開する
 始まりもない 終わりもない この宇宙の 年代記(クロニクル)だ
(「天窮の 草の褥(しとね)で 見る夢や」より)




フーゲツのJUN(風月純史)
 元新宿フーテン族、ビートニク。十代の日々『新宿風月堂』に入りびたる。ビート派詩人。その出発点は実は『劇画』。911を機としてオープンマイクを定着させるために活動。15年継続させ、現在、日本最長のオープンマイクの継続記録を持つ(2018年現在)。また、現在ピンのポエトリー・リィディング詩人としてまつりや、フェスに呼ばれる事を期待している。田歌との出会いは「山水人」でである。


home / class guide / calendar / nawa prasad