ほびっと村学校 2017  

整体子育て講座



整体子育て講座

8月22日(火)10:30am〜12:30
9月16日(土)12:00〜2:00pm

講師/曽我部ゆかり
ゲスト講師/両角泰成(公益社団法人整体協会整体コンサルタント)

参加費/2,000円
★要予約 TEL ?03-3332-1187 または hobbit@ea.mbn.or.jp 
shanti_birthday@ezweb.ne.jp (曽我部)


 愉気とは気を集めて相手のからだに通すこと。気が通るとからだが整う感じがわかります。愉気は私の人生の宝物。愉気で子育てした体験は私の心の支えです。みなさんにも愉気で子育てをしてほしい。母と子の愉気ほど愉しくって、満たされるものを他に知りません。ぜひ、師匠のリードでみなで気持ちを一つにし、意識を集注させ、愉気の感覚を高めましょう。
 会のはじめに少し活元運動を行い、その後に愉気の実習をします。最後には、赤ちゃん体操、整体体操、季節の手当て法を学びます。




曽我部ゆかり(そがべゆかり)
(公益社団法人整体協会活元コンサルタント/産後ドゥーラ)

 息子を受胎してわずか10日目にからだ(目)に変化を感じ、整体の師匠の操法を受けに行ったのは17年前のこと。まるで昨日のことのように鮮明に覚えています。「たしかに骨盤の感じが前回とは違うからそうかもしれないですね」と先生。この時から私の整体子育てが始まったのです。お産を迎えるその日まで、愉気が栄養源のように育った息子もはや高校生です。おなかにいる時から変わらず愉気が大好きで、いまでもなにかあると「愉気して」と言ってくる思春期男子。母子(父子も)関係は円満です。私が愉気を大切にしている所以がここにあります。









 七歳までの子どもは大人の模倣が大好き。模倣から様々なことを学びます。この講座ではその特性を自然な形で引き出せるように、子どもも一緒に合掌行気を輪の中で行います。赤ちゃんもしかり…。もちろん小さな子どもの集注はとぎれとぎれですが、気の感応が生まれれば、子ども達も静かに落ち着きます。その瞬間をとらえましょう。大切なのは、母親が自分だけに集注しようとせず、子どもと一体の集注感を作りだすことです。師匠のリードで行う瞑想的な呼吸法(合掌行気)で掌に気を集める実習をまず行います。驚くほど手がほかほかに生まれ変わり、カラダも温かくなります。自分の中の静けさを感じ、気の感応を味わい、互いに手当てをする愉気法を学びます。母と子の気の感応が、普段の生活にもリズムと調和を生み、子育てがぐーんと楽しくなること間違いなしです。この私が保証いたします。




  3歳までの記憶は大きくなった時に覚えていないものですが、潜在意識のいちばん奥の層にしっかり記録されているのだとか…。だからこそ、この時代にどれだけ愛情たっぷりに育てられたかで、子どもの一生の土台が決まると言われています。子育ての要は3歳までの無意識の時代にある…と信じて、我が子へせっせと愉気していた私自身の子育てを振り返っても、愉気は愛着形成において、最も濃密な手段だと思っています。愉気は一言で言えば、呼吸法で掌に気を集めて感応を高めるものです。子どもには親の注意を一心に集めたい要求があり、それを満たすためには、愉気がいちばん。気で満たされた子どもにはどっしりとした安定感が備わります。

 4月からスタートのこの連続講座には、私の整体の師匠をゲスト講師に招き、愉気法を指南していただきます。師匠との合掌行気は幸福感満載。みなさんの手が、ふかふかに柔らかく、ぽかぽか温かに生まれ変わります。愉気の実習の後は、お子さんへの日常的な手当て法や赤ちゃん体操を実習します。

home / class guide / calendar / nawa prasad