ほびっと村学校 2017


母と子の活元会


9月21日(木)12:30〜2:30pm

講師/曽我部ゆかり

参加費 /1000円
★要予約 TEL 03-3332-1187 または hobbit@ea.mbn.or.jp

shanti_birthday@ezweb.ne.jp (曽我部)

 先日メンバーの一人が「活元運動のすっきりした感じが大好きなんです」と仰ってくださったのを聞いて、ものすごく嬉しくなりました。私が大好きなものを伝えた相手がまた大好きになってくれることほどうれしいことはありません。活元運動を身につけていただくと、大きくからだが偏る前に、気がつかないうちに、ちょこちょこと行っているようになります。それが活元運動の最大よいところ。要するにからだの調律を無意識にできるようになるのです。一人でも多くの方が、活元運動を大好きになって、日々爽やかに暮らしてくださることを願っています。



曽我部ゆかり(そがべゆかり)
(公益社団法人整体協会活元コンサルタント/産後ドゥーラ)

 息子を受胎してわずか10日目にからだ(目)に変化を感じ、整体の師匠の操法を受けに行ったのは17年前のこと。まるで昨日のことのように鮮明に覚えています。「たしかに骨盤の感じが前回とは違うからそうかもしれないですね」と先生。この時から私の整体子育てが始まったのです。お産を迎えるその日まで、愉気が栄養源のように育った息子もはや高校生です。おなかにいる時から変わらず愉気が大好きで、いまでもなにかあると「愉気して」と言ってくる思春期男子。母子(父子も)関係は円満です。私が愉気を大切にしている所以がここにあります。












  先月の活元会では、活元運動のあと、師匠に合掌行気の指南をいただきました。引き続き瞑想の時間もありましたが、17人もの赤ちゃんと幼児が、騒いで泣いたりすることもなく、落ち着いて、3時間もの間、輪の中にいることに、一種の神秘を感じました。私の会のモットーは「子どもを蚊帳の外に出さない」。場の気が澄んで落ち着くと子どもたちも落ち着くというセオリーを体現していけることに、喜びを感じています。
 活元はからだを調律しようとする働き。初めての方にもリラックスしていただけるように丁寧にご指導しています。子育ての中で、自分を見つめる時間にしませんか?
   





      瞑想的な呼吸法(行気)と活元運動で頭の中が「ぽかん」とします。一瞬でも「ぽかん」を味わうと…。その「ぽかん」の感覚が子育てを愉しくしなやかなものにしていきます。マインドフルネス的に「脳の海馬を休める」と同じです。さらに活元運動には、瞑想的な要素だけでなく、呼吸法、集注法の要素も網羅…心と体の調律法でもある優れた運動です。しかも誰にでもできるという特徴があります。活元運動でしなやかな弾力を取り戻しましょう。













    クラスのメンバーから「手当て(愉気)を覚えたら子育てに自信が持てるようになりました」という素敵な感想をいただきました。私の実習のテーマは「言葉に頼らない子育て」。気で感じる子育ての秘訣を伝授しています。さて、会の最初と最後には、瞑想的な呼吸法(行気)の時間をたっぷりとっています。目を瞑り呼吸に意識を向けることで自分らしさを取り戻せます。そしてもちろん活元運動で、しなやかなココロとカラダを目指しましょう。




  
























 









home / class guide / calendar / nawa prasad