ほびっと村学校2020 
菅靖彦×高橋実×ティム・マクリーン
吉福伸逸がめざしたもの
意識の解放、変容、癒し

 アメリカ西海岸を中心としたニューエイジ・ムーヴメントの潮流を日本に紹介したC+Fというグループがあった。その中核だった吉福伸逸のアンソロジー『静かなあたまと開かれたこころ』(サンガ)が出版された。今回のイベントは、1980年代に吉福伸逸とともにホロトロピック・ブリージング・セラピーなどの活動をしていた3人に集まってもらい、吉福伸逸がめざしていたもの――それがいまどのように伝えられているのかについて聞きます。

2020.2.2(日) 14:00-17:00
東京都杉並区西荻南3-15-3-3F ほびっと村学校 TEL:03-3332-1187
¥2000 要予約 hobbit@ea.mbn.or.jp


菅靖彦
「久しぶりに吉福ファミリーが集合するので、どんな話が飛び出すか分かりません。吉福語録を収めた本が出たので、印象的だった言葉について語り合いたいですね。」
 著作家、翻訳家。トランスパーソナル心理学関係の翻訳をはじめ、『ずっとやりたかったことを、やりなさい』や『今、目覚め行くあなたへ』、『変性意識の舞台』など、癒しや心の問題に取り組む著作を発表している。


高橋実
「吉福さんの思い出のさまざま―自分はそのまんまの自分であっていいということ―そのまんまがもっとも難しいということ―そのまんまの自分であっても自分と全く同じに理解する存在はいないこと―ただ自分の命することを貫くこと―そして哄笑すること。」
 心身のメカニズムを探究する場「からだはうす」を主宰。整体治療、ブリージングセラピー、舞踏を三本の柱とし、自分探しの呼吸法をはじめ、身体や感情、心理や知性、感覚やスピリチュアリティのエネルギー的関連を象徴的な見方から紐解く作業に取り組んでいる。


ティム・マクリーン
「初期のワークのベースだったグルジェフ・ワークやゲシュタルト・セラピー。吉福さんは自我的に反応しているだけではない、人間の可能性を追求した。また、吉福さんのセラピーは実存的なものだった。『今、ここ』のリアルな瞬間に存在し、関わること。人の生命力や場の力、プロセスへの信頼。生老病死の現場を大切にした。」
 アメリカ生まれ。禅を学びに1981年に初来日、C+Fと出会う。1989年に吉福さんからシープラスエフ研究所代表を引き継ぐ。現在、一般や各種組織、経営者を対象とするワークショップや研修を行っている。

 
吉福伸逸がめざしたもの2
「体験的ワークショップとは何か?」

2020年3月29日(日曜日)午後2時~5時

登壇者
ウォン・ウィンツァン ピアニスト
向後善之 ハートコンシェルジュ・カウンセラー
新海正彦 セラピスト、ボディワーカー

担当者 稲葉小太郎 川島栄作

料金 参加費2000円


内容概略 1989年に日本を離れた吉福伸逸さんですが、2000年代以降は年に2回ほど帰国し、再びワークをリードするようになりました。当初は「セラピスト養成講座」「医療従事者のための講座」と銘打っていたその内容とは? トランスパーソナル・セラピーを超えた空前絶後の体験的ワークショップ、いわゆる「吉福ワーク」の真相に迫る座談会。吉福さんの死の前年までアシスタントを勤め、時には反発し、時には自ら実験台となった3人による赤裸々トークです。

home / class guide / calendar / nawa prasad