街中のリトリート ほびっと村学校クラスガイド 2018

 


クラス一覧案内

CALENDAR

blog ブログ

ほびっと村

NAWA PRASAD

NAWA PRASAD web shop
ナワ・プラサードのウェブショップが開店しました。nawaprasad.com まだまだ小さい規模ですが、おいおい本や他の商品も増やしていきたいと思っています。どうぞ、行ってみてください。

今月のおすすめ本

連載COMIX

ほびっと村学校
レンタルについて:

アクセスmap

BACK
NUMBER

LINK

 風評被害とは悲しい言葉だ。福島県の人も、他県の人をも利さない、変な言葉だ。まっすぐ向き合うのは辛すぎるし、だが起きたことを見ないのは、また起きることにつながる。あれから7年。子供たちの保養や支援に取り組んでいる人たちの報告です。(ゆ)






3.11から7年
次世代につなぐ
ふくしま

3月11日(日)2:00〜5:00pm

トーク/関久雄+いとうえみこ+菊地栄


参加費/1500円 
★要予約 hobbit@ea.mbn.or.jp または 03-3332-1187まで。


 東日本大震災から丸7年。福島第一原発事故による避難区域は年々解除されていますが、帰還した住民は数%に止まっています。県内自主避難者への支援も打ち切られました。一方、甲状腺がんまたは疑いのある子どもたちは194人に上っています。チェルノブイリ原発事故では、甲状腺がん以外の病気や生殖への影響が報告されていますが、現時点で福島県ではそうした議論はなされていません。国が復興に向けた「風評被害払拭に向けた取組み」を展開する中で、親たちは放射能についての不安を語りにくいなど、考え方による社会的分断が見られる状況が生まれています。原発事故を忘れず、語り、次世代につなげることは社会の責任です。次世代の子どもたちの健康について市民に何ができるのか、考え語りあいます。

関 久雄 「原発いらない命が大事の歌」
佐渡島保養センター「へっついの家」主宰、詩人。二本松在住。家族は山形県米沢に自主避難。米沢追い出し訴訟被告。自作の詩の朗読や紙芝居、歌を通して福島の現状を伝えている。

いとうえみこ 「子を守り育てるために 〜7年後の母親たち〜」
地域やNPOで子育て支援を続ける中、3.11後、としま子どもを守る会・NPO子ども全国ネットなど、被ばくから子どもを守る活動にも取り組んでいる。

菊地栄 「環境汚染と次世代への影響を考える」
 立教大学兼任講師、出産育児環境研究会代表。長年出産準備教育に携わった経験から研究を続ける。


******
同時開催 
きくちさかえ写真展
Fukushima Photo Familiar
@ほびっと村ステップ・ギャラリー 3月3日〜11日
(12:00〜8:30pm 最終日は6:30pmまで)
*******


   



 きくちさかえさんは、長年マタニティ・コーディネーターとして妊婦さんたちに寄り添ってきた。一方、世界各地で取材をして、お産をめぐる文化をカメラにおさめてきた写真家でもある。「人がヒトとして生まれ・産み出すお産は、人類の野生性がもっとも象徴されるとき」という。今回は、7年間ふくしまに通って出会ったどうぶつや風景と共に、家族写真をみせてくれる。 



 人生は長い。何度も転機がやってきて、いきなおしをしいられるのだ。何とか耐えて、花咲いたり萎んだり。生きるってもう大変!だが、そんなしちてんばっとうのなかにこそ、自由や愛へのヒントがあるのだろう。2004年から09年にかけて、唄者ナビィ+疫学者三砂ちづるさんのトーク「女のたしなみ、女のからだ」@ほびっとを4回もやったことは、すっかり忘れてた。9年後の今、それぞれどんな想いを抱いているのか、ナビィ姉さんのバリ料理を肴に、聴きましょう!その日は旧暦のお正月です。(ゆ)


女たちのその後
〜年をとること、自由でいること


2月16日(金・旧正月)7:00〜9:00pm



トーク/ナビィ(寿[kotobuki])+三砂ちづる

参加費/3500円(バリ・オーガニック・プレートつき)
定員/20名
★要予約 tel 03-3332-1187  hobbit@ea.mbn.or.jp

 唄者ナビィと疫学者三砂ちづるの、ご飯つきのトークです。二人のご縁は2004年から09年にかけて4回開催の「女のたしなみ、女のからだ」@ほびっと村学校でした。それから9年後の今、ナビィ姉さんはバリ島に引っ越し、バリ舞踊とバリ文化にどっぶりの毎日。三砂さんもお子さんが育ち、お連れ合いを亡くされて、津田塾大学のほか、ここ2年は海外でのお仕事を再開、キューバ、エルサルバドル、コンゴDRC、ブータン、ラオス、ブラジル、また沖縄などで研究活動をなさっています。09年以来、お二人は会っていないので、久しぶりの再会です。人生の荒波をくぐり、新たな凪をゆる〜く体験中のナビィ姉さん、三砂さんにぜひ、会いにいらしてください!!あ、バリ・オーガニック・プレートはナビィさんがつくりますよ! きっと唄もうたってくれるよ!



 三砂さんとまた対談をする機会が巡って来たこと、ほんと〜に嬉しいです。初めて対談のお話があった時、私なんぞが女子大で教授を務める方と対等に対談ができるのか?と不安でしたが、三砂さんのお人柄と話術に助けられ『ほびっと村』をはじめ、他の場所でも数年に渡って続く事となりました。大いに脱線しながら女性である事の生きづらさと愉しみをテーマに重たい話しも軽〜くゆるーく語り合って来ました。それは私の人生のほんの数年、ほんの数回のコトではありましたが、あの時間のおかげで『女性である自分を愛そう』という気持ちが芽生えたと思っています。
 お会いできないでいた間の三砂さんの人生について私は全く存じ上げないのですが、私個人の事を言えば、この10年で”受け入れられない事”を受け入れられるようになったり感謝したくなかった相手に感謝できるようになったり、随分と強く自由になって来たかなぁと思いますし、もしかしたら自分の人生を自分で創造し自由に生きる踏ん切りをつけるためにあの様な出来事があったのでは?とさえ思っています。踏ん切りつき過ぎて、15年以上舞踊を習うために足繁く通っていたバリ島に移住してしまいました。(対談当日は舞踊の先生から教えて頂いたバリの伝統料理も作ります。)
 特に何をしているわけではありませんが「今が一番幸せだなぁ」と感じる時がある日々です。三砂さんはどんな10年を送られていたのかお話しを伺うのが楽しみでなりません。バリ料理を食べつつ、皆様と自分の人生を創造する力を分かち合えたら素敵だなぁと思っています。お会いするのを楽しみにしております。(ナビィ)



 沖縄が心の故郷でもある私にとって、「寿」のナビィちゃんはきらきら輝いている人でした。お目にかかってみると、内面の輝きでもっときらきら。忘れられない素敵な人でしたね。ナビィちゃんと対談していた時期は、15年の海外ぐらしを終え、すっかりドメスティック日本フェーズになりかけていた頃。それからの10年、家族とともにディープに暮らし、着物を着て、日本の女子大で働いて、日本のお産や女性のことを研究して、本を書いてきました。人生のフェーズは移るもので、また、昨年から、夏には海外仕事を受けたいだけ受けるようになり、昨年はキューバ、エルサルバドル、コンゴDRC、今年はブータン、ベトナム、ラオス、ブラジル、そしてまたエルサルバドル、と、あんまり普通の人が足繁く出かけないようなところに出かけるようになり、何があっても「今が一番幸せだなあ」を更新しています。お、ナビイちゃん、バリなのね。今度は海外話題にしましょうか?「今が一番幸せ」と思う、能天気な二人の対談ですね。皆様、お待ちしております。(三砂ちづる)

三砂ちづる(みさごちづる)
 疫学者・作家。山口県生まれ、兵庫県西宮市で育つ。現在津田塾大学国際関係学科教授。 『女が女であること』(藤原書店)、『女たちがなにかおかしい』(ミシマ社)、『死にゆく人のかたわらで』(幻冬舎)など著書多数。『昔の女性はできていた』(宝島文庫)での昔の女のひとの生理の話は衝撃だった。

ナビィ
 広島出身。沖縄出身のギタリスト・三線奏者・作詞作曲家のナーグシクヨシミツとのユニット寿[kotobuki]のボーカリスト。圧政を跳ね除け唄い継がれた島唄とオリジナルソングを歌い聴く者の心に光を届けるような音楽活動を続けている。またバリ舞踊家としても国内、バリ島での公演活動。2015年には琉球古典芸能「組踊・二童敵討」を題材にしたバリ舞踊作品を創作し上演し好評を博した。寿[kotobuki]結成31年を機にバリ島に拠点を移す。www.kotobuki-nn.com  www.Instagram/nabikunisada


ナワプラサード・スタッフより
nawaprasad.exblog.jp

ナワプラサード(書店)とほびっと村学校の今日だよ



『LOVE & PEACEナワプラサードが選んだ100冊の本』



カウンター
カルチャー
・アーカイブ

 ほびっと村学校『かわらばん』を定期的に読みたい方には郵送します。何年何月号からの送付かを書き、送り先を記入して82 円切手を貼った返信用封筒を、送ってほしい回数分だけ用意して、「〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-15-3 ほびっと村3F  ほびっと村かわらばん係」」まで送ってください。

ご意見、ご感想はこちらまで。

ほびっと村学校今月のクラス 2-3.2018

SPECIAL CLASS

スペシャル・クラス

 3.11から7年
次世代につなぐ ふくしま
(関久雄+いとうえみこ+菊地栄) 3月11日(日)2:00〜5:00pm



女たちのその後
〜年をとること、自由でいること

ナビィ(寿[kotobuki])+三砂ちづる  2月16日(金・旧正月)7:00〜9:00pm


今井田歌(いまいとうた)
三味線音楽ライブ
+風月純史(フーゲツのJUN)
ポエトリー・リーディング

3月3日(土)7:00〜8:30pm







カウンター・カルチャー・アーカイブ15 私の青空
澤村浩行(サワ)物語

4月1日(日)2:00〜6:00pm

CALENDAR

REGULAR CLASS

レギュラー・クラス

〜心と体を解き放つ〜
フェルデンクライスメソッド
(川前涼子)
2月2・16日、3月2・16日(第1・3金曜)3:30〜5:30pm


ほのぼの気功デイ+ナイト(鳥飼美和子)
☆デイ 毎週金曜日1:00~2:30pm(2/2、3/9、3/23はお休みです)
☆ナイト2月6日、3月6日(第1火曜)7:00~8:30pm


正宗太極拳(大友映男)
毎週水曜日 6:30〜8:30pm


母と子の活元会(曽我部ゆかり)
2月8日(木)、3月8日(木)10:30〜12:30


オリーブのヨーガ(信常幸恵)
2月9・23日、3月9・23日(第2・4金曜)7:00〜8:30pm



肥田式強健術
(三宅琢也)
2月10日、3月10日、4月8日(第2土曜)3:00〜5:00pm


舞踏 BUTOH DANCE
〜イノチとカタチ/踊り入門〜
(櫻井郁也)
2月13・27日、3月13・27日(第2・4火曜)7:00〜9:00pm


いのちよろこぶフラクラス
Ka 'Olu no Hula
(Kahealani)
2月15日、3月15日(第3木曜)6:30〜8:30pm


西荻活元会(長本京子)
2月20日、3月20日(第3火曜)6:30〜8:30pm


アレクサンダー・テクニーク 
〜より快適に動くために!〜
(芹沢紀美子)
2月22日、3月22日(第4木曜)2:00〜3:30pm


りきみをぬく 
〜日常・運動に役立つ脱力法 〜
(方条瞬刻)
2月24日、3月24日(第4土曜)1:00〜3:00pm


CALENDAR

home / class guide / calendar / nawa prasad


2018 feb.01 / edited by nawa prasad /web design by U10